安野モヨコ、デビュー30周年

NEWS

女性の後ろ姿イラスト

時代が求める切り口を見つけ、圧倒的な想像力で物語を紡ぎだすストーリーテラー。
版画や墨絵など表現方法にもこだわる絵師。
その両面を併せ持つ漫画家・安野モヨコのデビュー30周年を記念して、初期から最近作まで、500点以上にわたる原画をご紹介。
普通でない(unnormal)、安野モヨコ(Anno)の「ANNORMAL[アンノーマル]」な原画展。

ANNORMAL表紙

原画や単行本未収録作品多数!
300ページ超えの、安野モヨコの決定版作品集!
『安野モヨコ ANNORMAL』

小学館 定価¥2,700+税
B5判 304ページ

2008年、安野モヨコの筆は突然止まる。
異常なほどの連載を抱え、全力で走った安野モヨコに一体何があったのか?
なぜ、心が壊れるほどに、描くことを止めなかったのか?
華々しい作品の裏にあった苦悩と葛藤、世間からの批判。
そして近年の復活までをたどる『ANNORMAL』。
ここまで安野モヨコに潔くフォーカスした本は初めて!!!

この本の見どころ

  • 1.原画で読める、『さくらん』『働きマン』『シュガシュガルーン』『花とみつばち』『ハッピー・マニア』などの代表作!
  • 2.つややかで美しいイラストレーションの数々!
  • 3.夫・庵野秀明のロングメッセージ
  • 4.歴代編集者やアシスタントによる、初めての証言!
  • 5.単行本未収録、かつ安野モヨコの自伝的作品『よみよま』全ページ収録!
  • 6.「FEELYOUNG」に異例の2号連続掲載となった読み切り版『後ハッピーマニア』全ページ収録!

蛍光ピンクが映える表紙には、立体感のあるバーコ印刷を施しています。会場限定の特別カバーは、触り心地の良いなめらかな紙を使い、クラシカルなフォントのタイトルロゴに贅沢な黒い箔押し加工をあしらいました。

  • ANNORMALカバー写真1
  • ANNORMALカバー写真2
  • ANNORMALカバー写真3
  • ANNORMALカバー写真4
  • ANNORMALカバー写真5
  • ANNORMALカバー写真6
  • ANNORMALカバー写真7
  • ANNORMALカバー写真8

ANNOMAL オリジナルグッズ

GOODS
グッズ写真

展覧会のためにつくられたオリジナルグッズ。
展示作品を中心に、クリアファイルや一筆箋など日常づかいしやすいものや『シュガシュガルーン』のオリジナルアイテムも登場!

ANNORMAL展グッズの公式サイトでの販売スタート日時につきまして、ただいま調整中です。

決定次第、お知らせいたします。

交通案内と開催情報

Access and Information

世田谷文学館

〒157-0062
東京都世田谷区南烏山1-10-10
TEL: 03-5374-9111
FAX: 03-5374-9120
www.setabun.or.jp
・京王線「芦花公園」駅南口より徒歩5分
・小田急線「千歳船橋」駅より京王バス(千歳烏山駅行)利用 「芦花恒春園」下車徒歩5分

開催期間 2020年7月1日(水)~9月22日(祝・火)
※新型コロナウイルス感染予防対策を講じ開催いたしますが、状況に応じ、臨時休館や会期が変更となる可能性がございます。
開館時間 10:00~18:00(展覧会入場、ミュージアムショップは17:30まで)
休館日 毎週月曜日(ただし8月10日・9月21日は開館し、8月11日は休館)
観覧料 一般800(640)円、65歳以上・高校・大学生600(480)円、中学生以下300(240)円、障害者手帳をお持ちの方400(320)円(但し大学生以下は無料)
※( )内は20名以上の団体料金
主催 公益財団法人せたがや文化財団 世田谷文学館、東京新聞
特別協力 コルク、小学館
協力 朝日新聞出版、講談社、祥伝社、宝島社、文藝春秋(五十音順)
後援 世田谷区、世田谷区教育委員会

巡回展のお知らせ

  • 2020年10月4日(日) ~ 12月13日(日) 仙台文学館

※今後、巡回展の会場は追加の可能性があります。